2006年09月21日

ほくろについて

ほくろには2つの種類があるのをご存知ですか?
ほくろのがんであるメラノーマが自分の体にあるときは、早急に除去する必要があります。
いびつな形のほくろや急に大きくなるほくろはメラノーマというほくろのがんである可能性が非常に高いです。
ほくろのがんに自分だけはならないという考えは捨てるべきです。その慢心が手遅れになる場合があるからです。

手のひらや足のうらのほくろがなぜ危険といわれるかご存知ですか>
欧米人と違い日本人のほくろのがんのできる箇所は手のひらなのです。
欧米人の多くは全身にほくろのがんができます。
日本人にとっても欧米人にとってもほくろは注意しなければならないことです。

ほくろの除去方法には4つあります。
数ミリほど切って1週間後に抜歯の必要がある切除・縫合法
レーザー除去はQスイッチヤグレーザー除去法と炭酸ガス レーザー除去法の2つがあります。Qスイッチヤグレーザー除去法はメラニンに反応するのですが、メラニンを含まないほくろがある場合があるため除去法としてはあまり使われなく、水に反応して除去してくれる炭酸ガスレーザー除去法がレーザー除去では主役dです。ほくろ除去前に麻酔を使用するので除去の時の痛みはありません。
くりぬき除去法という方法は、レーザーで除去してしまうと診断できないほくろかほくろのがんのメラノーマかを見極めるためにくりぬき検査する方法です。

こちらの記事はほくろのレーザー除去 手のひら 足うらほくろ相談所から引用しました。
posted by ちゃり at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。